YANO'S BLOG
安藤忠雄さんはなぜ人を魅了するのか?
2018.11.30 家づくり成功のツボ メルマガバックナンバー 夢を叶える
前回は、建築家の安藤忠雄さんの
講演会で聞いた「青いりんご」の
話をしました。
 
数名の方から、
・後押ししてもらった気がする
・大切なことに気がつけた
など、感想をいただきました。
 
ありがとうございます。
 
安藤忠雄さんの話は、
なぜ、これほどまでに一般の方を
魅了するのでしょうか?
 
例えば、家の真ん中に中庭があり
部屋を移動するときには、そこを
とおらないと移動できない
「住吉の長屋」という家があります。
 
雨が降っていたり、真冬だと
もちろん寒いです。
 
その当時1000万円で建てた家で
夏暑く、冬寒い、そんな環境です。
 
でも、住む人の夢を最大限叶えた
空間でもあるのです。
 
住宅というものは、
すべてが特殊解です。
 
他の人が、他の人の家をみて
「あれはちがう。これはちがう」
と言っても意味がありません。
 
もちろん、温熱環境からみると
健康にかなり不利な環境です。
 
しかし、この家に住んでいる
ご本人は、とても満足して
生活しているとのこと。
 
ここに住み手と建築家の間の
他の人には分からない価値観の
共有があるのでしょう。
 
この家には、住み手と建築家との
間にドラマがある。
 
そのストーリーやこの空間が
醸し出しているものに人は
魅了されるのでしょう。
 
「住宅は住む人の精神を包み込む場所」
 
と、講演会で安藤さんは言っていました。
 
私もまさにそうだと考えています。
 
それともうひとつ、
「子供も家も愛情を注がないと育たない」
と、言っていました。
 
私も普段から
「住む家を好きになりましょう。
  好きになる努力をしましょう」
という話をしていますが、
 
ものを大切にし、愛情を注ぐ
というのは、万物共通なんだと思います。
 
安藤さんの話の根底には、
狂気に似た愛情があるように感じます。
 
まとまりのない文章になりましたが、
個人的にも建築を通じて、
私の考える建築を表現していこうと
改めて思いました。
 
八納啓創
————————————————–
「大富豪住まいの教え」レポート。
↓↓↓下記からお申し込みください。
————————————————–
先日、広島で設計者や施工者仲間とで
運営している「レモンの家の会」にて
本を出版しました。
 
「ココロもカラダも健康にくらす
 広島の住まい手帖」
 
 
私の設計した家や、健康に暮らすための
ノウハウも盛りだくさんです。
 
瀬戸内や太平洋側で暮らしている
人には必見!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————