YANO'S BLOG
女性脳の人へ対応するときに出てくる2つの反応
2019.01.07 メルマガバックナンバー パートナーシップ 男女の心理
さて、前回のメルマガで
—————————-
女性脳の人が
「夕方近所の人に挨拶したら無視された。
 私って何か気の触ることしたのかしら」
と男性脳の人に言ってきた場合、
 
男性脳の人はどのように受け答え
すればいいのでしょうか?
 
ぜひあなたの考えをメールしてください。
—————————-
 
という問いかけをさせいて頂きました。
 
メルマガ以外にも
LINE、フェイスブックなどでも
問いかけをさせていただいたところ
たくさんの方からメッセージいただきました。
 
ありがとうございます。
 
ここにそのメッセージを掲載すると
長くなってしまいますので、
ここでは、いただいたメッセージが
どのような特徴があったかをお伝えします。
 
答えのメッセージには大きく2つに分類
することが出来ました。
 
一つは「大丈夫だよ」。
もう一つは「それは大変だったね」。
 
です。
 
一つ目の「大丈夫だよ」には
 
「相手がたまたま聞こえて
 いなかっただけかも」
 
「気にするほどのことでもないよ」
 
「僕が明日挨拶してそれとなく
 探ってみるよ」
 
といったニュアンスの答えが
それに当てはまります。
 
もう一つの「それは大変だったね」には、
 
「それはびっくりしたね」
 
「それは不安になるよね」
 
「そうかぁ。それは嫌な思いをしたね」
 
といったニュアンスが
それに当てはまります。
 
そして、今回メッセージを
送ってくださった方の9割が前者でした。
 
あなたはこの二つの違いや割合を見て
どのように感じますか?
 
まず、メッセージを送ってくださる方は、
積極的な方が多く、男性女性に関わらず
男性脳の人が多い傾向があります。
 
そして、この問いかけに対しては
「大丈夫。問題ないよ。解決できるよ」
と、解決策を伝える傾向があります。
 
そしてここから興味深いことに、
普段、女性脳の人も相手から
相談されたと思うと、
 
「解決してあげなきゃ」
 
というふうに、
男性脳的な働きをしやすくなるのです。
 
ここで、上記の問いかけに対して
メッセージを送るという立場でなく、
 
「どういう言葉をかけて貰いたいか?」
 
を考えると、
あなたならどういう言葉を
投げかけて貰いたいと思いますか?
 
 
八納啓創
————————————————–
「大富豪住まいの教え」レポート。
↓↓↓下記からお申し込みください。
————————————————–
先日、広島で設計者や施工者仲間とで
運営している「レモンの家の会」にて
本を出版しました。
 
「ココロもカラダも健康にくらす
 広島の住まい手帖」
 
 
私の設計した家や、健康に暮らすための
ノウハウも盛りだくさんです。
 
瀬戸内や太平洋側で暮らしている
人には必見!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————