ABOUT US
建築を通じて、あなたの夢を実現させる。
世界を笑顔に変える。
建築デザインにおいて、安全性、耐久性、省エネなど基本性能を持たせることは重要です。それにもまして大切なのは、家や施設づくりをつうじて、建主様(あなた)の「理想の環境」を実現させることです。私たちが、あなたと形にしたいのは、その「理想の環境」を実現した世界です。地球温暖化による電気を含めた光熱費の高騰は、もう目の前にきています。

家を手に入れたのに、光熱費が高すぎて冷暖房をがまんした結果、熱中症や家の中が寒すぎて「ヒートショック」でなくなる人(年間2万人近くが死亡)が後を絶ちません。省エネ設計の知識を確実に活用すれば、光熱費が抑えられ、夏も冬も快適な屋内空間を実現させることは可能です。

全国的に多発する地震による耐震性能も気になるところですが、それも構造的概念をしっかりと捉え、デザイン設計に確実に落とし込むことで構造的リスクを回避できます。

建築設計において、これらのことは重要の事ですが、これらはあなたの「理想の環境」を叶えるための必要最低限の条件でしかありません。 建築には、あなたの「理想の環境=夢」を実現させる力をこめることができます。

住宅においては、
  • ・一から考えたキッチンで、大好きな料理のレパートリーが増えた
  • ・家に帰ると、家族が笑顔になって帰るのが楽しみになった
  • ・木の香り溢れる書斎でのひとときで、ビジネスに対しての発想がより沸くようになった
  • ・家にサロンをつくり、それがきっかけでビジネスが大きく発展した
  • ・勉強する環境を整えたことでこどもが集中できるようになった

一般建築であれば、
  • ・会社のビジョンを推し進めてくれるシンボルデザインになった
  • ・この施設ができたことで、安定的な収入源を確保できるようになった
  • ・環境改善されたので、離職率も下がり、皆の笑顔が増えた
  • ・省エネ+デザインを意識した施設なので、他との差別化が図れた
  • ・間取りが効率よくできたので作業効率が劇的に変化した

こういったことが可能になります。
私たちは、あなたと一緒に夢を形にして、新しい世界をつくりだし、そこからたくさんの笑顔が溢れかえると信じています。
そんな世界を一緒につくりましょう。

株式会社 G proportion アーキテクツ

代表取締役八納啓創

弊社の建築に対する思いと「G」の意味
全ての建築に通じて込めている思いは「人と地球にやさしい環境づくり」です。住まいに関しては、住む人の居心地の良さと住まいの資産性を建主との綿密なヒヤリングからそれぞれのご家族のビジョンを見出して形にしていきます。その他一般建築に関しては、住宅で培った「使い心地や住み心地の良さ」を活かした設計をすることで、住まいのような快適性を持ち合わせた施設群の設計に取り組んでまいります。現在進行中の木造耐火こども園、木造準耐火二階建て保育園、木造二階建て障害者施設などをはじめ、木造の社寺建築では、日本で初めての取り組みになる「高断熱高気密工法」を盛り込んだお寺の建て替え工事(設計施工 金剛組とのコラボレーション)など、具体的にその世界観を広げていきます。

その他には、空きビル対策、空室対策や収益率が賃貸の2~3倍になる「合法的民泊」のプロデュースを行うことで町の活性化、経済の活性化を図ることも行っています。東南アジアに目を向けますと、日本の平均収入の1/15に対して、日本よりも電気代の高い状態であるカンボジアの経済発展につながる「電気に極力頼らない施設づくり」プロデュースなどに力を注ぎます。

ここに書いたことが一年後どのような展開になっているでしょうか。
弊社としても、どこまで地球や地域環境に貢献できるかチャレンジの年だと実感しています。

2016年年5月に新体制になったことで社名変更を行った
株式会社 G proportion アーキテクツの「G」には8つの意味がございます。
これらの8つのGのプロポーション(バランス)を考えた建築家集団。それが、「株式会社 G proportion アーキテクツ」です。
2016年5月に、北欧に幼保施設(幼稚園保育園施設)の視察に行ってきました。北欧の幼保施設は日本の施設の20年先をいっていると聞いていました。また施設だけではなく、幼児教育が進んでいるという話を聞いていたこともあり、これからの日本における幼保施設のあり方や、幼児教育を住環境に活かせるかどうかを探求しに、5日間にわたりヒヤリングをしてきました。
自然の雑木林の園庭を建物がL型に囲った施設
至る所に楽しさを組み込んだ園児室
園庭の雑木林の中には木製で作った足場や遊び道具がたくさんある
結論からお伝えすると、日本と北欧での先生の数が違っているために、教育方針が違っているということや、そういう違いを超えたところにそれぞれの良さを実感することが出来ました。詳細は、八納のブログでもお伝えしていこうと思いますが、私が考えている「過ごす環境が過ごす人を豊かにしていくポイント」をより俯瞰的に見聞きすることが出来ました。この数年、地球環境に配慮した建築の温熱環境にも力を入れてきました。

2014年は、
  • ●日本でほぼ初レベルの高気密高断熱幼稚園の竣工
  • ●一般オフィスでは西日本では珍しいQ値1.6を実現
  • ●住宅においては、Q値0.8のオリジナル断熱気密工法の住宅の実現とノウハウの確立が実現できました。

2015年は
  • ●日本初の木造耐火の高断熱高気密幼稚園園舎の竣工
  • ●世界で最古の施工会社 社寺建築の金剛組と伝統建築様式での本堂建替えにおける温熱環境コンサルティングとして参画
  • ●一般社団法人パッシブハウスジャパンの中国支部エリアリーダーに八納が任命

2016年以降は、これまでやってきたことをより統合した施設づくり、家づくりに取り組んでまいります。
~八納啓創からのエコロジーに対するメッセージ~
2013年1月と2015年1月の2度に渡って八納が、ドイツにエコ建築の視察旅行に行ってきました。そこで見たのは、日本の10年以上を先にいっているエコハウスの取り組みや考え方でした。日本でも脱原発を目指そうとしています。当社としても、子どもたちやその次の世代の子供たちに誇れる地球環境や施設&住環境を残したいと心底思います。その時に本気で取り組まなければいけないのは、地球環境に優しく人にも優しい建築のあり方を私たち建築士が真剣に取り組むことです。これまでも下記に挙げているように意識してエコ建築に取り組んできましたが、ドイツのパッシブハウスクラスの高気密高断熱仕様の環境づくりにも積極的に取り組んでいきます。

エコハウス、自立型循環住宅、パッシブハウスクラスの施設&家づくりに興味がある方は無料相談などで最先端のドイツの状況やこれからの日本の家づくりについてのレクチャーもさせていただきます。興味がある方はご連絡ください。共に、快適で孫の代に誇れる環境づくりを目指しましょう
「私たちに、一体何が出来るだろうか?」

これは2011年3月11日に発生した東日本大震災を通じて日々感じていることです。安心して住まえる家、これからの省エネの時代にしっかりと対応出来る家、そして地球環境にも優しい建築づくり、これらが私たちに出来る最善のことだと実感しています。それらを実現するために具体的に4つの柱を掲げました。またリンク先には私たちが込めた思いやメッセージをコラム(ALL ABOUT PROFILEの記事)でつづっています。ご興味がある方は合わせてご覧ください.
またリンク先には私たちが込めた思いやメッセージをコラム(ALL ABOUT PROFILEの記事)でつづっています。ご興味がある方は合わせてご覧ください。
1.耐震性、耐久性に優れていること
これまで取り組んできた耐震性の高い建築空間、そして「湿気ない空間づくり」をベースにした耐久性の高い建築造り(木造で耐用年数100年を基準)を徹底します。
2.自然エネルギーを賢く活用すること
これまでも取り組んできた半地下を活用した地熱利用、開口レイアウトによる太陽光日射取得の活用、雨水利用、ルーバーによる採光の調整をはじめ、随時取組中の、太陽集熱による暖気の活用、ソーラー発電、太陽熱給湯、薪暖炉などを活用した温水活用、バイオマス(木チップ)を活用した暖房システムなどをより積極的に取り組みます。さらに当社独自のFENG-SHUI(風水)を用いて自然の地場エネルギーを賢く活用することを探求します
3.断熱性能など環境負荷が低い環境作り(省エネのストレスがない環境造り)
省エネの根本に繋がる「家の断熱性能」の高い環境づくりを意図します。またこれまで実践してきたQ値平均1.8(Ⅳ地域)を徹底し、出来る限りQ値が1に近づく性能の高い建築空間造りを目指します。
4.当社の根底にある「住む人&使う人が幸せになる」建築空間の提供
これまで70棟以上の家造りや一般建築を通じて、住む人&使う人が幸せになる建築空間の創造に取り組んできました。上記の3つの柱と合わせてこの柱もより大切に取り組んでいきます。
これらを柱にした建築造りを、この度の教訓とし、地球環境にも優しい建築空間造りを心がけることをここに誓います。
1級建築士 八納啓創