YANO'S BLOG
週末コラム 家づくりの裏側のリアリティ
2019.02.11 週末コラム

週末コラムですが、曜日感覚がなく 本日は祝日の月曜日(汗)!   またまた週末明けコラムになったこと お許しください。。。   さて、節分から1週間が過ぎました。    あなたの中で、これまでの流れとの違いを 感じている人はいますか?   私はこの土曜日に、 広島で開催した完成披露会を通じて、 これからの1年の流れや予感を感じました。   […]

幸せな家造り 基本の「き」 第1回 幸せな家を手にいれるために必要な要素は?
2019.02.07 動画 幸せな家造り 基本の「き」
週末コラム 己亥(つちのとい)の意味を知ると人生が変わる
2019.02.03 週末コラム

今日は節分でしたね。 我が家では、恵方方位(東30度のうちの 北東側の10度)に向かって、恵方巻きを ほうばり、豆まきをしました。   恵方巻きは、数十年にできたイベント的な ものですが、それはそれとして、 家族で、新しい一年が始まることを 感じた時間でした。   干支も明日から切り替わります。 戊戌(つちのえいぬ)から 己亥(つちのとい […]

301号 夢実現の精度を高める方法
2019.01.24 メルマガバックナンバー

今回から、メルマガの号数を番号に することにしました。   というのも日付で号数表記すると どの号が抜けたかどうか分からなくなる 可能性があるからです。   前回が300号、そして今回を301号として 配信をしていきます。   前回の「期日を決める」は いかがだったですか?   人によっては、期日の決め方の細かさも 違うでしょう。   「 […]

若手設計者の会を開催します  今回のテーマは「女性の心に寄り添う設計力を高める」
2019.01.22 お知らせ

【2月に若手設計者の勉強会を開催します】   昨年12月に40歳以下の設計者を対象に「省エネ住宅の作り方」勉強会を開催しました。2ヶ月に一度ぐらいの頻度で開催する予定です。   次回は2月5、13、15日のいずれかで開催する予定ですが、現在参加する人が一番多い日で開催するために調整さんで日程を調整中です。   勉強会に参加できるのは、   […]

300号 夢を形にするために外せないこととは?
2019.01.16 メルマガバックナンバー 夢を叶える

2019年も気がつくとあっという間に 1週間が経っていますね。   「一年の計は元旦にあり」   とは昔から言われています。   あなたは、この1年をどのように過ごす 予定ですか?   何となく過ごすのが 一番勿体無いことになります。   しかし、計画をたてても うまく行った試しがない・・・・   そういう方もいるでしょう。 それはなぜだ […]

週末コラム 面白いクリニックに行ってきました〜体内環境を整える〜
2019.01.13 メルマガバックナンバー 週末コラム

週末コラムです。 今週は、結構出張続きで、 熊本で現在設計中の庫裡(住職さんが住む家) の打ち合わせに行き、その足で東京に飛び、   上場一部会社の社長へ 企画提案をさせてもらうという機会をいただき、   そういった中、1日時間に余裕ができたので 仙台まで足を伸ばし、とあるクリニックに お邪魔してきました。   突然話は変わりますが、 建 […]

夢を形にするのに外せないこととは?
2019.01.11 メルマガバックナンバー 夢を叶える 一流人の思考

2019年も気がつくとあっという間に 1週間が経っていますね。   「一年の計は元旦にあり」   とは昔から言われています。   あなたは、この1年をどのように過ごす 予定ですか?   何となく過ごすのが 一番勿体無いことになります。   しかし、計画をたてても うまく行った試しがない・・・・   そういう方もいるでしょう。 それはなぜだ […]

八納のメルマガの活用法について
2019.01.08 メルマガバックナンバー 夢を叶える

このメルマガを始めて、 かれこれ1年になります。   平日は数日抜けただけなので、 週末コラムを含めると、 1年で300回くらい書いて来ました。   私はこのメルマガ以外に、 ブログとLINEで情報発信をしています。   このメルマガはバックナンバーを公開して いませんが、ブログの方でバックナンバーを ご覧いただけるようにしています。   […]

女性脳の人へ対応するときに出てくる2つの反応
2019.01.07 メルマガバックナンバー パートナーシップ 男女の心理

さて、前回のメルマガで —————————- 女性脳の人が 「夕方近所の人に挨拶したら無視された。  私って何か気の触ることしたのかしら」 と男性脳の人に言ってきた場合、   男性脳の人はどのように受け答え すればいいのでしょうか? […]