YANO'S BLOG
第30回 木造は他の構造と較べて弱いのか? 幸せな家づくり 基本の「き」
2019.07.05 動画 幸せな家造り 基本の「き」

前回の動画では、住宅の構造には基本的に3種類あるという話をしました。

主に、木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造です。

その中でも木造がおすすめである旨も伝えました。
なぜなら、コスト面でも経済的で、地球環境にも優しく(日本の場合60年以上持つ家にすれば)、また高断熱を図りやすい面があるからです。

でも、ぶっちゃけ、皆さんの心の中では

「でも、木造って一番構造的に弱いのでは?」

と思っていることでしょう。

その答えは「半分正解で、半分違う」というものです。

木造でも、壁量計算や金物計算をしっかりと行いながら、耐震等級2、3を確保していくと、他の構造と遜色ないぐらいの耐震性を持たせることができます。

しかし、木造住宅の場合、業界の悪しき習慣である「4号特例」というもののために、結果的に完全な欠陥住宅を生み出してしまうケースもあるのです。

一般の人はこの話を聞いてもピンとこないでしょう。
そこで、この話をニュアンスも含めて動画にしました。

これから家づくりを考えている人、木造の家に住んでいる人は必見です。

 

 

 

 

————————————————
これから家づくりを考えている人必見!
100件以上の注文住宅を設計して来た
1級建築士が伝える
「家づくり成功の秘訣」
✔︎家づくりが全くわからない
✔︎光熱費が不安
✔︎健康に暮らせる家がいい
✔︎予算オーバーしたくない
 
など、
家づくりで絶対に失敗したくない人は
「まず」これを読みましょう。
 
無料でダウンロードできます。