YANO'S BLOG
週末コラム 災害にあった園に行って感じたこと 180722
2018.07.22 週末コラム
以前お伝えしましたが、週末の土日は、
メルマガコンテンツの配信をやめて、
「週末コラム」と題してお送りしたいと
思います。
 
実はメルマガではできるだけ時事ネタ
というものを書いてきませんでした。
 
なぜなら、メルマガのコンテンツは、
どのタイミングで読んでいただいても
役立つ情報をイメージして書いていた
からです。
 
でも、それだけだと私もつまらない
という感じもしてきました(笑)
 
そこで、普段一級建築士として
どのような活動をしてどのようなことを
考えながらこの一週間を過ごしたか?
などをお伝えしようと思います。
 
さて、この1週間は、大雨の災害の関係で
なかなか行くことができなかった呉市と
幼稚園の横の川が氾濫し、全国放送になった
府中町のりゅうせん幼稚園に行って来ました。
 
呉は、車で行くのに通常30分のところが
2、3時間かかるなど時間が読めないので
広島の宇品港からフェリーを使って呉に
行きました。
 
市街地に「すずらん保育園」という保育園を
昨年設計させていただき、その園が一部
床下浸水をしたので、その状況を見に行きました。
 
設計時も、「20年に一度ぐらい河が氾濫する
ので、その高さを読みながら設計したい」
という話があり、前回氾濫した時に来た水位を
調査して、それから10cm高く床の高さを
設計しました。
 
今回の水害で、床の10cmぐらい下まで
水が来たのですが、床上は無事に逃れることが
出来ました。
 
しかし、子供の目線に合わせて厨房の床を低く
するというコンセプトで、作った厨房の床は
一部浸水してしまいました。
 
園長先生も、子供の目線に合わせることに
意識がいきすぎいて、床を下げたのは盲点だった
とおっしゃられていて、今後の対策のために
どのようにするか?を現在検討中です。
 
「八納さんこれくらいの雨が毎年くらいくる
覚悟でいないとダメですね」と園長。
 
今回の災害は、何十年に一度の災害だという
認識がどこかにあったのですが、園長が
いうように、これから毎年来るぐらいの
意識で対策をする必要があると、改めて
思いました。
 
一級建築士として、知恵を絞り出して
みたいと思います。
 
八納啓創
————————————————–
LINE@でビジネスを加速させるセミナー
動画の4分間を無料公開。
詳細はリンク先からご覧ください。
————————————————–
先日、広島で設計者や施工者仲間とで
運営している「レモンの家の会」にて
本を出版しました。
 
「ココロもカラダも健康にくらす
 広島の住まい手帖」
 
 
私の設計した家や、健康に暮らすための
ノウハウも盛りだくさんです。
 
瀬戸内や太平洋側で暮らしている
人には必見!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————