YANO'S BLOG
太陽熱を集熱して、冬は家を温め、夏は熱を逃す
OMソーラー
2019.07.15 弊社の建築に対する考え方 再生可能エネルギー(自然エネルギー)の活用 省エネ(エコハウス)
太陽の熱というと夏の暑い日差しなど、どちらかというとそういったイメージが湧きやすいかもしれません。
しかし、冬に太陽の熱を家に取り込むことが出来れば、それはとても有効になります。
 
取り入れ方は大きく2つ、一つは南側の大きな開口面から光を取り入れる方法、これは以前のコラムでもお話ししました。
南の大開口と庇 パッシブデザイン

南に大開口を設けて、夏の日差しが入らないよう庇を伸ばすパッシブデザイン

そしてもう一つは屋根面や壁面に集熱をするためのパネルを設置してそこから熱を取り入れる方法です。OMソーラーやそよ風という工法は屋根面で集熱するシステムの一つです。またこの集熱システムは、逆に夏には排熱システムとしても活用が可能です。

OMソーラーパネル

OMソーラーの状況がわかるパネル 冬場でも50度近い温風を床下に送り込むことができる。夏は屋根の暖気を外部に排出させて暑くならないようにすることも可能(画像はその状態)

 
壁面集熱は、まだ日本では例が少ないですが、当社でもこれから取り組んでいきたい内容の一つですね。
 
まだまだ日進月歩のところがありますが、自然エネルギーを活用する意味でも注目したい内容ですね。