YANO'S BLOG
建築家安藤忠雄さんの生き方の高み 180430
2018.04.30 メルマガバックナンバー 夢を叶える 一流人の思考
引き続き安藤忠雄さんの話です。
ちなみに安藤忠雄さんの事務所は、
大阪の梅田から歩いて10分ぐらいの
ところにあります。
 
私の実家は、神戸市北区なので、
毎朝、電車で1時間ぐらいかけて
通っていました。
 
安藤さんは、週に2、3日
来ていたように思います。
 
「おーい、集まれ〜」
と、彼が号令をかけると、
 
一階の彼のいる大テーブルの
周りに、スタッフやアルバイト生が
集まります。
 
左手にメモ帳、右手に鉛筆を持って
立った状態で、話を聞く体制をとります。
 
その時に、前回お伝えしたような話が
始まるのです。
 
デザインの話でなく、生き方やあり方、
そんな話ばかりで、正直その時は失望しました。
 
しかも、デザインは直感、説明は後付け。
 
「いったい僕は何が学べるのか?」
 
そんな中、黙々と展示会用の模型を作り
続け、40日のアルバイト生活を終えました。
 
※正式にはアルバイトという表現は使いません。
 学生に門を開いているオープンデスクという
 のが、正式な言い方です。
 
でも、不思議なものです。 
 
年齢を重ね、30歳近くになった頃から
あの時、安藤忠雄さんが喋っていたことが
妙に気になり始めたのです。
 
設計者として、壁を感じていた私は、
その頃にようやく「人間力」「自分の器の大きさ」
ということに意識が行くようになりました。
 
安藤忠雄さんのものすごい探究心。
20代に世界中の建築環境を大量にインプット。
建築環境を通じて、世の中にインパクトを与える。
 
そういった姿がようやく見えて来たのです。
 
「なるほど、本当に安藤さんはすごい人だ」
 
安藤さんの生き方の高みを初めて実感できた
瞬間でした。
 
そして、私の生き方を大きく変えてくれた
瞬間でもありました。
 
 
八納啓創
——————————————————
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
——————————————————
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!