YANO'S BLOG
生きづらさのもう一つの要因とは?
2018.05.27 メルマガバックナンバー パラサイト
前回の続きですが、江戸時代の
ライフスタイルが全て良かった
とは思っていません。
 
閉鎖的で、村八分など、
現在の人間「環境」にくれると
かなり悪列な部分もあったことでしょう。
 
「生きづらさ」の要因の一つは、
今の西洋型社会構造にあります。
 
今回はもう一つの話をしましょう。
 
それは「マルチタスク」です。
 
マルチタスクとは、同時並行処理を
しながら仕事をこなしていく手法です。
 
例えば、建築の仕事は、
同時にいくつものプロジェクトを
進行させたり、経営者である場合は、
さらに受注活動なども実務と合わせて
並行作業をしていくような
完全なマルチタスクの仕事です。
 
設計士を目指している人や
設計士になった後にぶつかる壁が
このマルチタスクです。
 
ひたすら、一つのプロジェクトの
図面を書き続けるのなら、
シングルタスクでも十分です。
 
少し話が建築系になりすぎたので
話を戻します。
 
このマルチタスクは、大学生までの間
ほとんど使うことなく、社会に出ることも
可能なのが、この話のポイントです。
 
学生の頃に特に、生きづらさを感じない人が
社会に出た時に生きづらく感じてしまうのが
このマルチタスクのせいでもあるわけです。
 
特に職人気質があっている人の場合は、
このマルチタスクは、ストレス以外の
何物でもありません。
 
社会に出た後に、生きづらく感じる度合いが
多くなった人の場合は、ここをチェックして
みましょう。
 
「マルチタスクをこなさないと
 社会人としてやっていけないのでは?」
 
と思う人もいるでしょう。
 
今の西洋的社会構造から考えると
マルチタスクから逃れるのは難しいでしょう。
 
では、どうすればいいのか?
 
答えはシンプルです。
「意識して、マルチタスクができるように
 自分自身を訓練すること」
です。
 
特に30歳ぐらいまでは、脳の「海馬」が
一つの物事を深める方向で機能します。
 
それが30歳を過ぎた頃から、それぞれの
物事に対して関連付けをし始め、応用力が
ついてきます。
 
後、マルチタスクを鍛えるのなら
フランクリンプランナーという手帳が
ありますが、それがいいと思います。
 
私もこの手帳を使い倒して、
マルチタスクができるようになった
タイプです。
 
手帳自体、少し値段がはりますが、
訓練したい人にはいい自己投資になりますよ。
 
>生きづらく感じている方へ
 
心理カウンセラーでもある妻の小冊子
「心を軽くする7つの方法」は、
もう読まれましたか?
 
多くの方がすぐに実践できて、本当に
心が軽くなったと好評です。
 
キャンペーンは終了していますが、
私のメルマガ読者の皆様にプレゼント
させていただきます。
 
 
 
八納啓創
————————————————–
この1ヶ月間の間に主催または
講演依頼のあった情報をお送りします。
最寄りの方はぜひお越しください。
 
お知らせその1)
家を買うという発想ではもったいない!
「家づくりセミナー」IN熊本
6月2日14:00〜16:30
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————