YANO'S BLOG
親の「感情的知性」が試される
2018.05.30 子供の住環境 メルマガバックナンバー 発達障害
発達障害と家の使い方の関係性。
 
ダイニングの使い方以外にも色々と
あります。
 
例えば、発達障害の人の共通項として
 
「セルフイメージが極端に低い」
 
と言うものがあります。
 
全てにおいて、自尊心が低く、
何をやっても、自分はダメだと言う
意識が強すぎる傾向があるのです。
 
その時に、「自立を促そう」と、
厳しくわが子に接してしまうと
その子は余計にセルフイメージが
低くなってしまいます。
 
ですから、たとえ感情的になったとしても
怒りのまま接してしまうと、子供は必ず
萎縮してしまいます。
 
ここで「大人の感情的知性」が試されます。
 
感情的知性というのは、
感情に振り回されずに、だからと言って
感情を麻痺させるのではなく、感情を
感じながらも、それを相手にぶつけない
ようにしていく知性のことを言います。
 
どうしてもわが子に、感情をぶつけて
ばかりいる場合は、定期的にカウンセリング
を受けて、自分の感情の出所を理解して
感情的知性を高めることがとても有効です。
 
「カウンセリングって心の病の
 ある人が受けるもの」
 
と思っている人も多いですが、
夢実現をどんどんしている人の間では
コーチやカウンセラーは、
必須のパートナーだと言われています。
 
自分の心を整えることが
わが子の心理に与える影響を押さえる
ということを知っておいてください。
 
そして、わが子の自尊心を育ててあげる
流れを作っていくことが重要になります。
 
次回、その辺りをお話しします。
 
子育てで悩んでいる人で
カウンセリングの必要性が
必要かどうかは、一度私の
妻のHPを見ると参考になりますよ。
 
八納啓創
————————————————–
この1ヶ月間の間に主催または
講演依頼のあった情報をお送りします。
最寄りの方はぜひお越しください。
 
お知らせその1)
家を買うという発想ではもったいない!
「家づくりセミナー」IN熊本
6月2日14:00〜16:30
 
お知らせその2)
遊ぶように学ぶ「親勉」マスターインストラクター
の中村さんが主催する勉強会に、
私と心理カウンセラーの妻が講師として登壇
 
6月18日IN広島
 
「我が子の才能がぐんぐん伸びる
 コミュニケーションと環境づくり」
 
残席わずか!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————