YANO'S BLOG
初めて家を手に入れるのなら、どんな家を手に入れた方がいいのか?
2018.08.13 家づくり成功のツボ メルマガバックナンバー 資産 狭小住宅
最近は、心の部分にフォーカスしてきた
話をしてきましたが、今回からは、
もう少し建築的な話をやっていきます。
 
今回の話は、
 
初めて家を手に入れるのならどういった
家を手に入れたほうがいいのか?
 
という内容をお伝えします。
 
まず、賃貸にするのか持ち家にするのかで
変わってきます。
 
今回は、賃貸ではなく、持ち家を手にれる
ことを考えているケースで話を進めます。
 
初めて家を手に入れる時、
何を考えればいいのでしょうか?
 
 
まずは、これまでの何度も
お伝えしていますが
 
「どんなライフスタイルを
 実現させたいか?」
 
が一番大切です。
 
その実現に向かって、
家の素材やデザイン性
居心地を合わせて作っていきます。
 
その次に大切なのが、
 「家の資産性を高く保つこと」
です。
 
例えば、比較的街中で立地のいい家。
 
この家は、購入した時よりも場合に
よっては高く売れることがあります。
 
特にマンションの場合は、
そういう物件もちらほらありますので、
購入時少し高くても値崩れしないエリアや
物件を選ぶことは重要です。
 
マンションは新築で買うことは
おすすめしていません。
 
狙うなら、築5年ぐらいの浅築と
呼ばれる物件です。
 
なぜなら、車の新車と同じで、
新築の家には、いろいろな経費が
上乗せされた価格になっていて
新古車と同じく、浅築の家も
程度がいい状態で値段だけが
2〜3割下がるケースがあるからです。
 
いろいろな経費というのはちなみに、
 
 ・広告代
 ・モデルルーム代
 ・カタログなど資料代
 ・営業マンの人件費
 
などが入っています。
 
新築ではこれらの経費が上乗せされて
いますが、浅築は純粋に不動産としての
価値の金額になりますので、その分
金額が下がるのです。
 
日本人は、新しい物好きなので、
「新築じゃないと価値がない」
と思う傾向があります。
 
実際、不動産的な価値がない物件は
15〜20年で不動産的価値が
ほぼ無くなるケースも多いので、
そのように捉えてしまいがちです。
 
しかし、不動産価値のある物件は、
新築だから価値があるというわけでは
ありません。
 
この違いは知っておいて方がいいですね。
 
 
八納啓創
————————————————–
LINE@でビジネスを加速させるセミナー
動画の4分間を無料公開。
詳細はリンク先からご覧ください。
————————————————–
先日、広島で設計者や施工者仲間とで
運営している「レモンの家の会」にて
本を出版しました。
 
「ココロもカラダも健康にくらす
 広島の住まい手帖」
 
 
私の設計した家や、健康に暮らすための
ノウハウも盛りだくさんです。
 
瀬戸内や太平洋側で暮らしている
人には必見!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————