YANO'S BLOG
新築の住宅にどれくらいの経費が含まれているのか?
2018.08.15 家づくり成功のツボ メルマガバックナンバー
前回は、不動産価値の高い家として
マンションなどの浅築の物件のことを
紹介しました。
 
では、新築で資産性の高い家はないので
しょうか?
 
残念ながら、かなり少なくなります。
しかし、無いわけでもありません。
 
ここは、資産性の高い家を設計する
ことを普段から意識している立場から
お伝えしましょう。
 
以前、資産性の高い家をどのように
考えればいいかシリーズでお伝えしたことが
 
ここでは、より実践的な話を伝えましょう。
ポイントは2つです。
 
 ・建設コストにおいて経費率の低い
  家にする
 
 ・狭小地の資産性の高い土地を取得する
 
です。
 
経費率というのは、2回前のメルマガで
お伝えした、
 
 ・広告代
 ・モデルルーム代
 ・カタログなど資料代
 ・営業マンの人件費
 
や、上記に
 
 ・設計料
 ・会社の維持経費
 
などを加えたものです。
 
特に、会社が大きかったり、CMなどを
どんどんやっていたり、モデルハウスを
持っているような会社の場合は、
建設費の約4〜5割が経費になっています。
 
土地代が別で家の値段が3000万円の
家だとすると、1200〜1500万円が
経費になっているのです。
 
営業マンに動いてもらっている経費も
それなりにかかっているのも忘れない
ようにしましょう。
 
最近いろんなところでデータが公開されて
いますが、ざっくりと伝えると
 
ハウスメーカーや住宅展示場で全国展開
している工務店が4〜5割
 
工務店+設計事務所が約2.5〜3割。
 
工務店単独の場合は、
2割が経費になっています。
 
このように、
新築において、建設費における経費率は
家の資産性に大きく影響します。
 
もう一つの狭小地に家を手に入れる話は
次回お伝えします。
 
 
八納啓創
————————————————–
LINE@でビジネスを加速させるセミナー
動画の4分間を無料公開。
詳細はリンク先からご覧ください。
————————————————–
先日、広島で設計者や施工者仲間とで
運営している「レモンの家の会」にて
本を出版しました。
 
「ココロもカラダも健康にくらす
 広島の住まい手帖」
 
 
私の設計した家や、健康に暮らすための
ノウハウも盛りだくさんです。
 
瀬戸内や太平洋側で暮らしている
人には必見!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————
■発行元
 株式会社 G proportion アーキテクツ
 代表取締役 八納 啓創(1級建築士)
■Webサイト
■Facebook
■お問い合わせ
■メール配信解除
■メールアドレス変更など
———————————————