YANO'S BLOG
毎月の支払い額が一緒なら快適な家を手に入れたくないですか?
2018.08.27 省エネ(エコハウス) メルマガバックナンバー 資産 狭小住宅
これまで、
狭小敷地を宝物に変える5つの方法の
その1、その2、その3をお伝えして
来ました。
 
今回は、その4をお伝えしましょう。
 
その4は
「狭小住宅だからこそ、高断熱高気密
 仕様にする」
です。
 
もちろん大きな家でも高断熱高気密
仕様にすることは大切です。
 
しかし、狭小住宅でも、高気密高断熱
仕様にすることはとても重要です。
 
なぜなら、、、
 
狭小住宅の場合は、その2でもお伝えした
ように、縦に空間を使いこない択、
そのためには、吹き抜け空間などを
設置したいからです。
 
吹き抜け空間を作る場合、高断熱高気密
仕様にすることは必須です。
 
吹き抜け空間は、断熱性能が低いと
いくらエアコンをしても涼しくならず
暖まらずということが起こります。
 
しかも光熱費がびっくりするくらい
かかる。
 
例えば、毎月10万円のローンで
建てた家で、光熱費平均が4万円かかると
合計14万円になりますが、
 
毎月12万円のローンで光熱費平均2万円
で合計14万円の家も作れます。
 
多くの人が家をリーズナブルに作る
ことばかりに意識が行き、毎月実際に
財布から出て行くお金に意識が行きません。
 
トータル金額が一緒で、快適性が手に入る。
これが高断熱高気密のメリットです。
 
そういう意味でも
狭小住宅の資産性を上げるには、
光熱費のかからない燃費効率のいい家に
することがポイントです。
 
現在欧米では、不動産の燃費性能が表示が
一般化されて来ていて、不動産価値の一つ
として燃費性能が不動産価値にも大きく
影響するようになって来ています。
 
日本でも2020年に次世代省エネ基準が
義務化されますが、次世代省エネ基準以下の
家は、将来的に極端に不動産価値が下がる
可能性があります。
 
日本でも2030年近くになれば、燃費性能の
いい家の資産価値が評価される可能性は
高いです。
 
2030年は今から10数年先。
家の寿命から考えると、そんな先のことでは
ありません。
 
これから家を手に入れようと思っている人
にとって、外せない視点でしょう。
 
八納啓創
————————————————–
LINE@でビジネスを加速させるセミナー
動画の4分間を無料公開。
詳細はリンク先からご覧ください。
————————————————–
先日、広島で設計者や施工者仲間とで
運営している「レモンの家の会」にて
本を出版しました。
 
「ココロもカラダも健康にくらす
 広島の住まい手帖」
 
 
私の設計した家や、健康に暮らすための
ノウハウも盛りだくさんです。
 
瀬戸内や太平洋側で暮らしている
人には必見!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————
■発行元
 株式会社 G proportion アーキテクツ
 代表取締役 八納 啓創(1級建築士)
■Webサイト
■Facebook
■お問い合わせ
■メール配信解除、メールアドレス変更など
———————————————