YANO'S BLOG
家の寿命が身近かったもう一つの大きな要因とは?
2018.08.31 家づくり成功のツボ メルマガバックナンバー 資産 電磁波
引き続き、木造の家の寿命について
これまで短命だった原因とその改善して来た
ポイントなどをお伝えしましょう。
 
すでに、下記2点についてはお伝えしました。
 
 ・それまで壁に断熱材を入れていなかった
  のに断熱材を入れるようになって、壁の
  なかが結露して腐ってしまうことが増えた
 
 ・シロアリ対策がなされていなく、
  シロアリ被害が多く出た
 
 
残り2点について、どうやって改善して来たか?
どう改善しつつあるかをお伝えしましょう。
  
 ・家のサイズと家電製品のサイズが合わなく
  なり、その頃は高度経済成長期だったので
  家をリフォームせずに建て替えた
 
 ・木造の構造的な見解が、専門家でも曖昧
  だった
 
まず知っていただきたいのは、
家の寿命が25〜30年と言われていた時
の多くの要因が、家電製品のサイズが
合わなくなったこと、そして電気容量が
全く足らなくなったことでした。
 
しかし、木造の建物は弱いという言葉だけ
先行して、上記の事実がほとんど
伝わらなかったのが実際です。
 
洗濯機、冷蔵庫、そしてTV、そのほかにも
電子レンジやオーブンなど、大型化したり
それまでにはなかったものが取り入れられ
たりと、それまでの家のモジュール(規定寸法)
では、収まらなくなったのです。
 
そして、高度成長期時代も重なりました。
家を改修するぐらいなら建て直した方が
いい、という考え方も多く、その背景で
多くの家が建て替えられました。
 
しかし、現在はすべての家電が大型化し、
今後これ以上、スペースをとって何かを
入れないといけなくなることは、ほぼ
ありません。
 
ですので、この家電製品の大型化については
現在では建て替え需要には繋がらなくなって
います。
 
どちらかというと、家の寿命とは
関係ありませんが、家電については
これからの時代は、家のIT化が
ポイントになるでしょう。
 
スマホで照明、エアコン、TVなどが
操作できる。
 
すでにそういう時代になって来ています。
 
 
家電の話はこれぐらいにしておきます。
 
そして、最後の
 
 「木造の構造的な見解が、
  専門家でも曖昧だった」
 
件について。
 
これは、話が長くなるので次回にします。
 
八納啓創
————————————————–
LINE@でビジネスを加速させるセミナー
動画の4分間を無料公開。
詳細はリンク先からご覧ください。
————————————————–
先日、広島で設計者や施工者仲間とで
運営している「レモンの家の会」にて
本を出版しました。
 
「ココロもカラダも健康にくらす
 広島の住まい手帖」
 
 
私の設計した家や、健康に暮らすための
ノウハウも盛りだくさんです。
 
瀬戸内や太平洋側で暮らしている
人には必見!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————