YANO'S BLOG
Q&A)風水はどのようにして学べばいいですか?
2018.09.26 Q&A 家づくり110番 メルマガバックナンバー 家相 風水
前回の高気密に対しての話はいかがでしたか?
「温室みたいな息苦しい空間だと思った」
 
という人も多いのですが、
その誤解が解けたことでしょう。
 
今後、高気密の家を考えている方は
参考にしてみてください。
 
さて、今回のQ&Aです。
 
風水に興味がある人はいますか?
今回は、風水に対してのご質問です。
 
 
◇今回のQA 
風水はどのようにして学べばいいですか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(ご質問)
最近、風水に興味があります。
いろいろな本を立ち読みしてみるのですが、
どの本を読むと風水のことが
勉強できるでしょうか?
 
 
(八納の答え)
世の中には、風水と呼ばれるものと、
家相と呼ばれるものがあります。
この二つは明確に違っています。
 
一般的に風水は、正式名称でいうと
「中国伝統風水」といいます。
 
中国伝統風水は、現在でも中国や香港を
中心に広がっている風水のことで、
それが現在日本に入ってきています。
 
これ以外にも台湾風水や韓国風水など、
それぞれの地域で形成されたものが
あります。
 
家相は・・・
 
5世紀ごろに仏教伝来とともに
入ってきた気学などがベースになって
日本風土で培われて発展してきたものです。
 
家相の場合は、家の相を見るものが
主体なので、家の周辺地域などを
分析するには、風水を組み合わせて
見る流派もあります。
 
風水がいいか、家相がいいか
ということではなく、
これらの情報を一緒に学ぶと
混乱してしまうということが
起きてしまいます。
 
ですので、風水を学びたいのでしたら、
中国伝統風水をベースにした本や勉強会、
家相を学びたいのでしたら、
家相をベースにした本や勉強会で体系立てて
身につけるのがいいでしょう。
 
あと、
「風水と家相のどちらを
勉強したほうがいいですか?」
という質問もいただきます。
 
私はどちらでもいいと思っていますが、
学ぶのでしたらしっかりと学ぶ気持ちで
望むといいでしょう。
 
気を付けていただきたいのは
「風水の方がただしい」
「いやいや家相の方がただしい」
という論争に巻き込まれないことです。
 
私は両方とも学びましたが、
体系が違い、また深さに関してもそれぞれ
趣があるものなので、それぞれを
非難し合っても仕方ないと思います。
 
私は設計者なので
「風水または家相を活用することが
そのご家族にとって大切かどうか」
が重要だと考えています。
 
 
八納啓創
————————————————–
先日、広島で設計者や施工者仲間とで
運営している「レモンの家の会」にて
本を出版しました。
 
「ココロもカラダも健康にくらす
 広島の住まい手帖」
 
 
私の設計した家や、健康に暮らすための
ノウハウも盛りだくさんです。
 
瀬戸内や太平洋側で暮らしている
人には必見!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————
■発行元
 株式会社 G proportion アーキテクツ
 代表取締役 八納 啓創(1級建築士)
■Webサイト
■Facebook
■お問い合わせ
■メール配信解除、メールアドレス変更など
———————————————