YANO'S BLOG
一流になっていく人の住まいに対する共通項 前半
2018.10.16 家づくり成功のツボ メルマガバックナンバー 一流人の思考
引き続き好評です
「大富豪住まいの教え」レポート。
↓↓↓下記からお申し込みください。
 
さて、大富豪にまつわる話を最近しています。
 
大富豪だけでなく、一流の人や
一流になっていく人にも同じような
共通項があります。
 
今回はから5つの視点と題して、
二回に分けて、ダイジェストにお伝えしましょう。
 
 
その1 自分の住んでいる家が「大好き」である
 
「あなたは今住んでいる家が好きですか?」
と聞かれるとどのように答えるでしょうか?
 
興味深いことに、一流の人ほど「YES!」
と答えます。
 
また業界で長い間活躍されている人ほど
「家と女房を自慢できなかったら意味がない!」
と豪語するほどです(笑)。
 
それに対して・・・
一般的には「家は帰って寝るだけ」
「そんなこと考えたことが無かった」
という人が多いです。
 
「一流の人はいい家に住んでいるから
それも当然では?」
 
と思う方もいるかと思いますが、
一流の人は、20歳代に六畳一間の
共同トイレ、お風呂無しのアパートに
住んでいた時から「この家が、自分の
人生で何があってもここからスタート
すれば大丈夫だと思わせてくれる場所」
と感謝しながらすごしています。
 
どんな場所でも、その場所に感謝したり、
好きになる要素を見つける感性を養って
いるのが「一流の人」に共通している
ことです。
 
 
その2 常に家を好きになる工夫をしている
 
恋愛でもそうですが、ロマンス期は、
相手のどんなところも大好きなものです。
 
しかし、ロマンス期を過ぎると
相手のいろいろなところが気になり始めて、
指摘したくなったり、嫌気がさしてきます。
 
恋愛で長続きさせるためには、
そういったところも含めて
相手を好きになる工夫が必要です。
 
住まいも一緒です。
 
どんなにあこがれて住んでいる家でも、
数年経てば感情が湧きにくくなります。
 
一流の人は、そういったときに家を
持続的に好きになる工夫をしています。
 
模様替えをはじめ、花を置く、
アロマを焚く、カーテンを変えるなど
身近で出来ることも含めて、
コツコツと手入れをする人が多いのが
特徴です。
 
次回に続きます。
 
 
八納啓創
————————————————–
「大富豪住まいの教え」レポート。
↓↓↓下記からお申し込みください。
————————————————–
先日、広島で設計者や施工者仲間とで
運営している「レモンの家の会」にて
本を出版しました。
 
「ココロもカラダも健康にくらす
 広島の住まい手帖」
 
 
私の設計した家や、健康に暮らすための
ノウハウも盛りだくさんです。
 
瀬戸内や太平洋側で暮らしている
人には必見!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————