YANO'S BLOG
住宅ローンを払い終わる頃に無くなってしまう家
2018.11.13 家づくり成功のツボ メルマガバックナンバー 資産 夢を叶える
前回、ヒートショックの話をしました。
特にこれからの季節は、気をつけたい
ところです。 
 
若い方にはそこまで身近な話でないかも
知れませんが、親が60代以上の方は
ぜひ情報をシェアしてくださいね。
 
とにかく、日本の家は寒すぎます。
 
そのことで起こっている
家の安全性の欠如が、
どの先進国よりも遅れている。
 
安全大国だと思っている日本人ですが
家が交通事故よりも死亡率の高いことを
ぜひ知っておいてくださいね。
 
さて、このシリーズも今回で最後。
 
今回は家が資産になるかどうか?
から来る安心感の話です。
 
 
6.家が自分たちの資産に
  なってくれているという安心感
 
 その5の要素と同様、
この要素もこれからの家づくりに
実現させることのできる
安心感の一つです。
 
それは、
「この家が自分たち家族の
資産となってくれている」
という経済的安心感です。
 
その2の述べた「耐久性」も
この項目の大きな要素になります。
 
私が、よく述べることに
「日本の家は耐久消費財的として
作っていて、住宅ローンを
払いおえる35年後には、
家も買い換えるタイミングに
なっていることを多くの人は
知っていない」
というものがあります。
 
このことを知らないまま
過ごしていると、
新築から35年後、
びっくりするような
未来が訪れてしまうわけです。
 
こうならないためにも、
家の耐久性を持たせることは
この項目でも重要なのです。
 
「家の耐久性を持たせるための
6つのポイント」
を近々書きますので、
それをご覧いただいて
家の資産性を高める視点を
手に入れてください。
 
そしてもう一つ。
あまりにも多くの人が
「家が本当の資産になりうる」
と本気で思っていないことがあります。
 
というのも
「家賃払うくらいだったら、
住宅ローンの方がマシ」
というのが、日本で家を購入する
一番多い動機で、そこには、
家に対する夢がこれっぽっちも
見えてこないのが現状だからです。
 
「この家を手に入れることで
どんな夢を形にしたいですか?」
 
これは、私の設計事務所では、
口癖のようになっているフレーズです。
 
なぜなら、家の本質は
「そこに住むことで理想の未来像に
近づける環境である」
と私は考えているからです。
 
2003年の頃から言い続けている
このフレーズ。
 
最近は少しづつ浸透し始めていますが、
まだまだ広がりが足りません。
 
日本中の多くの人が、
今住んでいる場所やこれから住もうと
思う場所に、夢や希望を持ちながら
生活するようになると、
 
今、日本の中に蔓延している
マイルドな絶望感も
払拭できるのではないか?
と本気で思っています。
 
ぜひ、今住んでいる場所が
あなたにとって夢を叶えていく場所
として、意識を再設定してみてください。
 
八納啓創
————————————————–
「大富豪住まいの教え」レポート。
↓↓↓下記からお申し込みください。
————————————————–
先日、広島で設計者や施工者仲間とで
運営している「レモンの家の会」にて
本を出版しました。
 
「ココロもカラダも健康にくらす
 広島の住まい手帖」
 
 
私の設計した家や、健康に暮らすための
ノウハウも盛りだくさんです。
 
瀬戸内や太平洋側で暮らしている
人には必見!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————
■発行元
 株式会社 G proportion アーキテクツ
 代表取締役 八納 啓創(1級建築士)
■Webサイト
■Facebook
■お問い合わせ
■メール配信解除、メールアドレス変更など
——————————————————————