YANO'S BLOG
いつからわが子の自立を促せばいいですか?
2018.11.19 メルマガバックナンバー 子育て
私は広島でたまにボランティアで
住環境の活かし方のセミナーを
開催しています。
 
特に多いのが、
「子供の才能を引き出す住環境の使い方」
です。
 
そんな中、主催者の方からご要望があり、
子供の自立を促す住環境の使い方の話を
することになりました。
 
子供の自立を促すには、
家の間取りも重要ですが、
 
より大切なのは当然のことなのですが、
夫婦で、子供をどのように育てたいか?
の共通認識を持って取り組むことです。
 
自立の促し方は、男の子と女の子で
変わってきます。
 
この方法論は、文章で書くのは
ニュアンスが間違って伝わる可能性が
ありますので、私の文才では書けません。
 
興味がある方は、私が講師で登壇する
勉強会などでお聞きください。
 
さて、この勉強会を通じて興味深かったのは
勉強会後の、質問&ランチタイムでした。
 
「私の息子は今4歳なのですが、
 今日伺った内容をすぐに実践したほうが
 いいでしょうか?」
 
これに近い質問をたくさんの方から
いただきました。
 
皆さんの勉強熱心さが伝わってきます。
 
ただ、この質問に答えるのではなく
私は次のように言いました。
 
「皆さん、頭で考えすぎです。
 気持ちは分かりますが、
 私が、8歳ぐらいが適しているでしょう、
 とお伝えしたとしても、
 
 それは我が子に当てはまらない
 可能性も高いです」
 
「まず、大切なのは、今日の話を
 パートナーとじっくりと話し合って
 夫婦の子育てに関する共通認識を
 育みましょう」
 
「夫婦で我が子を見ていたら
 その子が自立が早そうなのか
 そうでないのかは自ずと分かります」
  
「とにかく、今日学びにきている皆さんは
 勉強熱心ですが、自分一人でやろうと
 しすぎる傾向があります」
 
「そんなに一人で頑張ろうとせずに
 まずは、パートナーにシェアしましょう」
 
ざっとこういう内容でした。
 
勉強熱心な方は、
知識を中心とした自己完結型の
学びをしている人が多いです。
 
しかし、残念ながら、
その状態で、実践に移しても
 
少しうまくいかなかったことが
出るだけで、混乱してしまいます。
 
こういう時には、
同じ情報を共有し、価値観を共有した
パートナーと家族ぐるみで付き合える仲間
です。
 
ここはとても重要です。
 
一人で悶々としながら、
SNSで繋がっている人同士で、
話し合うのは、ある意味限界があります。
 
身近にそういう人がいるのは
とても重要ですし、こういう勉強会に
参加するメリットは、参加した人同士で
仲間になることにあります。
 
もし、身近に話し合いができる人が
いない場合は、是非そのような意識で
勉強会などに参加してみてくださいね。
 
 
八納啓創
————————————————–
「大富豪住まいの教え」レポート。
↓↓↓下記からお申し込みください。
————————————————–
先日、広島で設計者や施工者仲間とで
運営している「レモンの家の会」にて
本を出版しました。
 
「ココロもカラダも健康にくらす
 広島の住まい手帖」
 
 
私の設計した家や、健康に暮らすための
ノウハウも盛りだくさんです。
 
瀬戸内や太平洋側で暮らしている
人には必見!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————