YANO'S BLOG
ヒートショックで亡くなる方が2万人を超えました・・・
2018.12.10 省エネ(エコハウス) メルマガバックナンバー 健康
先日、建築関係の講演会で、聞いたのですが
家の中の「ヒートショック」で亡くなる方が
2017年時点で、2万人を超えたようです。
 
これまでは、1.7万人という数字が固定化
されていましたが、それが2万人に増えた
ようです。
 
ヒートショックというのは、
家の中で温度差がある場合に、
血圧の上下動による心筋梗塞や脳梗塞を
引き起こす現象です。
 
昔の家はどの部屋も寒かったので
起こりにくかったのですが、
 
最近は、リビングだけ暖かく
脱衣場や浴室が5度ぐらいで、
その温度差などで、ヒートショックを
起こしてしまうケースが増えています。
 
「日本の家は寒すぎる」
 
以前にもお伝えしましたが
アラスカに住んでいる人が
そのように言っている広告が
ありましたがその通りです。
 
北海道在住の方も
「東京の家はなぜこんなに寒いの!」
というくらい、日本の家は寒いのです。
 
この事実を知らない人が多く、
この情報をどんどん発信している
つもりですが、
 
2万人を超えてしまったというのは、
焼け石に水のうような気がして
今回は少し不毛な気持ちに焼かれています。
 
交通事故死亡者数は、年々減り
現在は4千人を切りました。
 
家の中のヒートショックで亡くなっている
人の人数は、交通事故の5倍です。
 
安心、安全であるための住まいが
とても危険な場所になってしまっている
という事実。
 
ヒートショックは、60歳以上の方で
温度差が20度以上ある場合に
起こる可能性が高いです。
 
例えば冬の布団の中の温度は28度。
トイレが8度ぐらいで温度差は20度
あります。
 
トイレでヒートショックになる人も
結構います。
 
そう考えると上着を一枚羽織って
トイレに行くだけでも、
 
ヒートショックを防ぐことが出来ます。
 
できれば、今回の情報を
シェアして、ヒートショックになるかたを
一人でも減らすことに協力をお願いします。
 
 
八納啓創
————————————————–
「大富豪住まいの教え」レポート。
↓↓↓下記からお申し込みください。
————————————————–
先日、広島で設計者や施工者仲間とで
運営している「レモンの家の会」にて
本を出版しました。
 
「ココロもカラダも健康にくらす
 広島の住まい手帖」
 
 
私の設計した家や、健康に暮らすための
ノウハウも盛りだくさんです。
 
瀬戸内や太平洋側で暮らしている
人には必見!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————