YANO'S BLOG
パートナーシップの4つのステージ
2018.12.17 メルマガバックナンバー パートナーシップ 男女の心理
話を聞かない男、地図が読めない女。
前回は、男性脳と女性脳があり、
男性脳が男性の8割、女性の2割、
女性脳がその反対だという話をしました。
 
そして、ほとんどのパートナーが
どちらかが男性脳であればもう一方は
女性脳だという話もしました。
 
ここで分かるのは、
 
「パートナーの脳は全く違う脳である」
 
という事実です。
 
話が噛み合わない。
お互いに不満が募りやすい。
 
とうことは、当然のごとく起こる現象で、
その事をより不満に思うことは、
よりネガティブな感覚に陥るので
もったいないことだと分かってきます。
 
「根本的に話はかみ合わないもの」
 
と思っていることが健全な状態でしょう。
 
でも、多くの人が
「もともとそんなことはなかったはず」
「価値観があったので一緒になった」
と感じるかも知れません。
 
確かに、そう感じます。
 
しかし、それは人間関係の専門家から
聞いた話ですが、
 
「パートナーシップには4つの段階がある」
 
ということで、その段階で感じ方が
変わるということです。
 
   ロマンスの時代  
   喧嘩の時代 
   デッドゾーン
   離別or共同創造
 
という4つです。
 
そして、
「もともとそんなことはなかったはず」
というのは、はじめのロマンス期に感じる
ものなのです。
 
ロマンス期は、付き合い始めて3ヶ月から
半年ぐらいまでの間や、結婚前後あたりが
その時期になりやすいです。
 
ロマンス期は
相手が理想の相手だと感じ、
「あばたもえくぼ」になっている状況です。
 
「こんなに話し合える相手はいなかった!」
「この人には私の持っていないものを持っている」
 
そのように感じます。
ラブラブな時期の人には、この感覚が
当然だと思いますが、
 
それ以外の時期の人にとっては
「そんな時期もあったな〜」
と少し冷めてみえるのが普通でしょう。
 
次回に続きます
 
八納啓創
————————————————–
「大富豪住まいの教え」レポート。
↓↓↓下記からお申し込みください。
————————————————–
先日、広島で設計者や施工者仲間とで
運営している「レモンの家の会」にて
本を出版しました。
 
「ココロもカラダも健康にくらす
 広島の住まい手帖」
 
 
私の設計した家や、健康に暮らすための
ノウハウも盛りだくさんです。
 
瀬戸内や太平洋側で暮らしている
人には必見!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————