YANO'S BLOG
パラサイトのわが子の言い分
2018.06.28 子供の住環境 メルマガバックナンバー パラサイト
前回は、パラサイトのわが子をどうやって
経済的自立に導くか?の話をしました。
 
でも一筋縄ではいきません。
なぜなら、わが子にも自宅にいるための
たくさんの理由を持っているからです。
 
例えばどんな理由があるでしょうか?
 
・自分がいないと親の面倒を見る
 人間がいない
・自分の方が親と住んで世話をして
 あげている
・自分のやりたい仕事がない
・自分の家でもあるから住んでいて当然
・自分の家なのになぜ家賃を
 入れる必要があるのか?
 
・・・・
 
・・・
 
・・
 
 
と、理由はキリがないくらい出てくるでしょう。
 
そして、その話を聞くと、
親として反論できない状況だと
パラサイト化していくのです。
 
そのためにはどうすればいいかというと
「家は夫婦のためのもの」
という基本に立ち返ることです。
 
仮に、わが子に家を譲っていくとしても、
親の財産で食いつなごうとするマインドでは
わが子の代で財産を食いつぶしてしまう
可能性が出てくるので、経済的観念を
身につける意味でも、一度は自立を
促す必要が出てくるのです。
 
そういう意味でも、
「家は夫婦のためのもの」
という基本に立ち返ることは、
重要なポイントになるでしょう。
 
その時に、夫婦の間が疎遠になっていれば
うまく機能しません。
 
ですから、わが子がパラサイト化して
しまっている場合は、夫婦の関係性を
強める必要があります。
 
「あいつがああなったのはお前のせいだ!」
 
「あなたがもっと関わってくれれば、
 こうはなってなかったのに!」
 
わが子がパラサイト化している夫婦の場合は
上記のような言い合いや、わが子に
対して無気力かしているケースが
多いので、そこを自覚し直しましょう。
 
 
八納啓創
————————————————–
6月いっぱいの特典。
LINE@でビジネスを加速させるセミナー
動画の4分間を無料公開。
詳細はリンク先からご覧ください。
 
————————————————–
先日、広島で設計者や施工者仲間とで
運営している「レモンの家の会」にて
本を出版しました。
 
「ココロもカラダも健康にくらす
 広島の住まい手帖」
 
 
私の設計した家や、健康に暮らすための
ノウハウも盛りだくさんです。
 
瀬戸内や太平洋側で暮らしている
人には必見!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
■発行元
 株式会社 G proportion アーキテクツ
 代表取締役 八納 啓創(1級建築士)
■Webサイト
■Facebook
■お問い合わせ
■メール配信解除
■メールアドレス変更など
———————————————