YANO'S BLOG
中途半端な住環境が命取りの原因になる時代なのです
2018.07.05 メルマガバックナンバー エアコン 健康
前回お伝えした
「ヒートショック」。
 
季節柄のことはありますが、
エアコンの話をする上で大切なので
このままヒートショックの話を
します。
 
この「ヒートショック」。
知っている人は知っていますが
知らない人は、全く知らない
この情報。
 
 
ですが、全ての人が知っておくべき
情報でもあると私は思っています。
 
 
しかし、このヒートショック。
 
 
昔はそれほど話題にならなかったのが
最近話題になるようになったのか?
 
 
それは、昔の家は、どの部屋も
寒かったので、温度差が起こりにく
かったことからヒートショックが
ここまで多くなかったことが
分かっています。
 
 
それに対して、現在の家は、、、
 
 
例えば、リビングだけファンヒーターで
温めて、それ以外の部屋はほぼ外気温と
変わらない状態。
 
 
冬の時期に、風邪をひいたスタッフに
部屋の温度を聞いたら、3度でした、
と言っていました。
 
 
その時、広島にも寒波が来ていて外気温が
−1度だったのもありますが、冷蔵庫の中
よりも寒いですよね。。
 
 
話を戻します。
 
 
リビングがファンヒーターや暖房で
20度〜24度ぐらいに室温が
なっているとします。
 
 
お風呂に入ろうとします。
 
 
脱衣場の気温を仮に5度としましょう。
そして、お風呂の温度は40度。
 
 
ヒートショックは20度以上の温度の
変化による、血圧の激しい上下動で
起こる、という話をしましたが、
実は、上記のような条件で、
ヒートショックを起こす人が
後を絶ちません。
 
 
ちなみに、冬の布団の中は、28度。
 
 
夜にトイレに行きたくなって、
そのままトイレに行ったとしたら、
トイレの室温が5度でも20度以上。
 
 
実際にそれで亡くなる人も
多くいます。
 
 
せめて、トイレに行くときに
一枚上着を羽織っていれば・・・
 
 
それくらい、日本の住環境は
交通事故に遭うよりも、
不慮の事故で亡くなっているのです。
 
特に温暖な地域ほど、
家の室内環境は、真冬とことん寒く
なる傾向があります。
 
冬に読み返したい内容でした。
 
 
八納啓創
————————————————–
LINE@でビジネスを加速させるセミナー
動画の4分間を無料公開。
詳細はリンク先からご覧ください。
————————————————–
先日、広島で設計者や施工者仲間とで
運営している「レモンの家の会」にて
本を出版しました。
 
「ココロもカラダも健康にくらす
 広島の住まい手帖」
 
 
私の設計した家や、健康に暮らすための
ノウハウも盛りだくさんです。
 
瀬戸内や太平洋側で暮らしている
人には必見!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————