YANO'S BLOG
リビングイン階段っていいのですか?
2018.07.08 家づくり成功のツボ メルマガバックナンバー 子育て リビングイン階段
「八納さん、リビングを通って二階に
上がるリビングイン階段がいいって
聞いたんですけど、どうですか?」
 
という質問をよく受けます。
 
子供が、玄関から直接二階に上がらずに
リビングを通るので、必ず顔を見ることが
できます。
 
わが子とのふれあいが増えるということを
狙っている部分もあるでしょう。
 
私の答えはこちらです。
 
「リビングイン階段でもそうでなくても
 どちらでもいいですよ」
 
なぜ、そのように私がいうのか?
 
それはこれまでなんども話をしてきた
子供部屋の使い方にポイントがあるから
です。
 
アメリカから入ってきた子供部屋は
本来、寝るとき以外には入らない部屋。
 
アメリカの子供は、学校から帰ってきた
基本リビングにいます。
 
それに対して、日本の子供部屋は、
勉強やその他の生活までも子供部屋で
行う習慣がついてしまっています。
 
要するに、学校から帰ってきたら
自分の部屋に閉じこもってしまう習慣が
身についてしまっているのです。
 
アメリカのように、普段からリビングで
時間を過ごす習慣がある場合は、リビング
イン階段であってもなくても問題ありません。
 
しかし、部屋に閉じこもる傾向のある
わが子の場合には、リビングイン階段
でないと、顔をあわせる機会がなくなると
危惧しているのでしょう。
 
私の答えを、もう少し突っ込んで言いますね。
 
上記の習慣をリビングイン階段で補おうと
してもうまくいかないんです。
 
なぜなら、部屋の閉じこもる習慣がある
子供は、リビングイン階段でリビングを
通ることを「うざく」感じていて、
できる限り親と顔を合わさないように
タイミングを狙って、リビングを通過する
だけだからです。
 
次回に続きます。
 
 
八納啓創
————————————————–
LINE@でビジネスを加速させるセミナー
動画の4分間を無料公開。
詳細はリンク先からご覧ください。
————————————————–
先日、広島で設計者や施工者仲間とで
運営している「レモンの家の会」にて
本を出版しました。
 
「ココロもカラダも健康にくらす
 広島の住まい手帖」
 
 
私の設計した家や、健康に暮らすための
ノウハウも盛りだくさんです。
 
瀬戸内や太平洋側で暮らしている
人には必見!
 
————————————————–
現在LINEで、家の基本性能の豆知識を
連載中です。
 
玄関の機能とは?
トイレの機能とは?
八納の独自の視点も盛り込んだ内容で
読者の方からも面白いという声が上がって
います。
 
LINEから @yanou で検索してみて
ください。
————————————————–
上記メルマガが届く「幸運を引き寄せる家」
の登録はこちら!
———————————————