YANO'S BLOG
子供の頃好きだったことを思い出す大切さ
2018.03.28 メルマガバックナンバー 人生に変容を起こす
今日からは、3月17日(土)に
広島で開催した、中高生と親御さん
向けのセミナー講師を務めた時の
後半の講演内容
【10代にしておきたい8つのこと】
について、触れたいと思います。
 
その前に、すでに400名近くが
興味を持っていただいているプログラム
について、下記に目を通してください。
——————————————
現在、「人生を変革、変容させる」を
テーマに取りまとめたプログラムを開発中です。
 
ただ、このメルマガでは、そのプログラムの
話しをあまりずっとするのも違うと思って
いますので、興味がある人にだけその内容を
送りたいと思っています。
 
 
———————————————- 
 
さて、今回の話に戻りますね。
10代にしておきたい8つのこと。
 
この時に伝えた8つのことは
下記の内容です。
 
  1. 得意で好きなことを思い出す  
  2. 怖いことと嫌のことの違いを知る  
  3. 信頼できるメンターを見つける  
  4. 失敗を味方につける  
  5. 自分発のメディアを持つ  
  6. 学校以外のつながりを作る
  7. 感情と仲良く付き合う 
  8. 10,000時間の法則を知ろう
 
前回までお伝えしたのは、2つめの
「怖いことと嫌いのことの違いを知る」
という部分でした。
 
講演会のアンケート用紙に
「子供に聞かせてあげたい内容だとも
思ったけど、一番自分に刺さりました」
という感想もいただきました。
 
実はその通りで(笑)、
ほぼ50人づついた中高生と親御さんの
親御さん本人たちに向き合ってもらうために
話をしています。
 
子供の話だと思ったら油断していた!
不意打ちだった!
・・・・・・・・そんな感じです。
 
現在、音声のプレゼントの準備が
ほぼ整いましたので、近々LINEで
プレゼントしようと思います。
 
忘れずにLINEで友達になっておいて
ください。
 
今回は、一つ目の
「好きで得意なことを思い出す」
という話をします。
 
中高生の子供たちに、
「幼稚園や小学校低学年の時に
好きだったことは何ですか?
覚えていますか?」
と質問したところ、半分の子供たちが
手をあげません。
 
これは、毎回のことで、恥ずかしくて
挙げれない人もいますが、本当に
覚えていない子供も多いのです。
 
私が出会う、各業界で一線で
活躍している人は、自分の仕事の
要素の中に、必ず子供の頃から
好きだった要素を主軸にして
活動しています。
 
例えば、何をやってもはじめは
楽しいけど、そのうち飽きて
他のことをどんどんする子は、
 
大人になると、たくさんの
プロジェクトの立ち上げをし、
そのあと、メンバーに仕事を
移譲する形で能力を発揮したり
しています。
 
大声で喋る子は、
大人になると講師として
人前に喋ると才能を発揮します。
 
私の場合は、子供の頃絵を書くのが
好きだったので、絵を書く建築という
仕事をしています。
 
講演では、
「あなたのお子さんが小さな頃
好きだったことを紙に書いてあげて
将来大人になった時に彼らの役に
立ててあげて下さい」
と伝えました。
 
子供がいる方は是非、実践して
あげて下さいね!
 
 
 
八納啓創
—————————————-
【設計士・施工者の方へ】
 
「八納さんのような考え方で家づくり
をやっている人は他にいないのですか?」
 
と先日のセミナーでも聞かれました。
 
現在、私の設計スキルを
習得して、私が監修しながら
設計できる設計士や工務店を
育成して、全国的に対応できる
ネットワークづくりをする予定です。
 
全国の設計士や施工会社の方で
興味がある方は、下記のリンクから
詳細をご覧ください。
 
————————————–
【八納の個人コンサルティング】
 
現在、枠がありませんが、
登録していただいた方を優先的に
ご案内しています。
興味がある方は、登録をしておいてください。
 
—————————————-
 
 
追伸 1
 
八納に身の回りの環境づくりについての
一言アドバイスが無料でもらえる
ライン@を開設しました。

友だち追加 

または、@yanou をラインで検索して、
登録してみてくださいね!
 
 
追伸 2
 
感想やご質問がある場合は、
これまでメールで受け付けていたのですが
メールの不具合で見れないことも多く、
今回から、LINEで受け付けることにしました。
LINEでしたら、見落としがないので、
上記のLINEから友達追加をしてもらい
そこからメッセージをください。
 
LINEをやっていない方は、メールで
お送りくださいね。