BLOG
基礎下の断熱材施工風景 木造耐火2階建て 伊佐中央幼稚園 1060㎡の省エネ施設
2020.08.06 【工事中】伊佐中央幼稚園新築工事(木造2階建て耐火構造の省エネ施設)

地盤改良が終わった後に、基礎下の断熱材の施工をしています。

基礎下に断熱材を入れる理由は、この基礎が基礎内断熱工法という工法を採用しているためです。

もう少し具体的に言うと、床下の空気を外気と通気させる工法ではなく、部屋の中の空気と循環させる工法を採用しているため、床下が室内と同じ温度に保てれるよう、床下空間に蓄えられたエネルギーが基礎下に抜けないようにするためです。

基礎下をフラットになるように構造計算をして、断熱材を敷きならべているところです。

今回は動画にしましたので、動画でご覧ください。